感謝の気持ちを込めて出産内祝いを贈りましょう

赤ちゃんの誕生を喜んで、生まれた赤ちゃんと両親に送ってくださった出産祝いに、感謝の気持ちを込めてお返しするのが出産内祝いです。出産内祝いお返しの時期は、一般的にお宮参りが終わった1ヶ月頃が目安です。遅れてお祝いをくれた方には、その都度、受け取ってから1ヶ月以内にお返しするようにします。出産後は、身体の調子や赤ちゃんのお世話で想像以上に忙しいので、できれば妊娠中に出産内祝いについてもある程度考えておくとスムーズでしょう。

予算の目安は、もらったものの1/3~1/2が相場と言われてます。値段が分からない場合はおおよその見当で構わないでしょう。注意したいのは、目上の方に贈る場合、高価なお返しをすると逆に失礼にあたるとされています。品選びは、贈り主の好みやライフスタイルを意識して選ぶと喜ばれるでしょう。

好みが分からない場合は、広く喜ばれるタオルや石鹸、スイーツなどの定番アイテムやカタログギフトなどがおすすめです。また、赤ちゃんの名入れをして贈るのも人気がありますが、使い方に困ってしまう方も多いようです。そのようなギフトを贈る場合は、贈り主との関係性や品選びを考慮して贈るようにしましょう。なお、絶対に必要というわけではないですが、カードやのしを付けた方が、赤ちゃんの名前をお披露目するという意味合いもありますし、感謝の気持ちもより伝わることでしょう。

いろいろマナーはありますが、難しく考えず感謝の気持ちを込めて楽しんで出産内祝いを贈りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *