出産内祝いを準備する

出産をすると親戚、友人家族、職場関係など、たくさんのお祝いをいただくことがあり、そのお祝いに命名用紙と出産内祝を贈る風習は全国各地どの場所でもあると思います。その際になにを送ったらいいのか悩みます。若くして出産をした場合どんなものがふさわしいのか、相手にとって必要なものか不必要なものか、金額の相場なども悩みの種です。食べ物がいいのか、使えるもの、消耗品、名前を入れた記念の品。

相手が喜ぶものを考えるときりがなく、最近ではカタログギフトにして相手に好みのものを選んでもらうタイプの出産内祝も増えてきました。贈る方もとても助かり受け取る側もありがたいと思える品であると言えるでしょう。歳を重ねると周りも出産する友人も増え、その時には相手からの出産内祝、何がもらえるかも楽しみであり、自分の時にはああしよう、こうしようという勉強にもなります。貰う立場になった時には結局なにをもらっても嬉しいものです。

他人の幸せは自分の幸せ。出産はとても壮絶で女性にしか分からない痛みと苦しみの末、かけがえのない宝物と幸せを感じます。それを祝ってくれる方々の気持ちを大切にし、感謝の気持ちを贈ることが何よりもの内祝いではないでしょうか。地域でのそれぞれの伝統やしきたりなどもあるでしょうが、家族のこれからの幸せと繁栄を心に誓い、お祝いの言葉をかけてくれる皆様に感謝の気持ちをもって贈ることが一番の内祝いではないのでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *