出産内祝で押さえておきたいポイント

赤ちゃんの誕生は非常に喜ばしいものです。しかし特に初めての出産の後は、子育てに奮闘してバタバタしてしまうお母さんも多いですが、あわてないために、出産内祝に関わるぜひ押さえておきたいポイントがあります。特に出産に関してお祝いを下さった方への感謝の意を表し、赤ちゃんの名前をお知らせする、そして今後ともよろしくお願いしますという様々な意味をもつ大切な出産内祝、相手もいらっしゃることなので失礼のないようにしたいものです。まずお贈りする時期ですが、生後約一か月で親族と赤ちゃんが初めて一緒にお宮にいってお祓いをうけ、赤ちゃんの無事の誕生を感謝する「お宮参り」がありますが、この時期にまとめてお贈りします。

出産翌日にお祝いを頂いたからといって、急いで手配する必要はありません。ただ、お宮参りの後に遅れてお祝いを頂戴した場合などは、すぐにお贈りするのはかまいません。ちょっとしたメッセージカードを付けるとさらに印象がよくなりますが、必ずつけないといけないものではありません。次に品物ですが、出産祝いが現金であった場合その半額程度の品物を目安にします。

贈り物が現金ではない場合は半額の目安が付きにくいですが、大体でかまいません。出産内祝は何度あっても喜ばしいという意味をもつ蝶結びの熨斗を書つけて、名入れはお子様の名前のみを記入します(苗字はいれません)。最近多い難しい読みの名前は、ぜひふり仮名もいれておくと、覚えていただきやすくて良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *