出産内祝いのマナーについて

出産内祝いとは、出産したときにお祝いをしてくれた方たちに対して、そのお返しをすることいいます。出産祝いでは品物以外にお金を包むことがありますが、お返しの場合は品物が一般的です。出産内祝いは、頂いたお祝いの2分の1から3分の1の間の金額に該当する品物を送ることになっています。出産内祝いの品物を送るときには、熨斗をつけます。

熨斗の書き方としては、紅白の蝶結びのものを選び、水引の上部分には「内祝い」と書き、下部分には赤ちゃんの名前を記入します。熨斗はだいたい包装紙の外側につける外熨斗が一般的ですが、地域によっては内熨斗が主流のところもあります。親戚や友人などには、個別にそれぞれ相手の家族構成や好みなどを考慮した品物を送ります。人気がある内祝いのギフトとしては、お菓子やお米、上質なタオル、カタログギフトなどがあります。

親族や親しい友人には、品物だけでなく子どもの近況なども綴った手紙やメッセージカードを添えると喜ばれます。赤ちゃんの写真も同封する人もいます。上司や同僚など会社関係の方たちの場合は、個別に送らず、コーヒーやお菓子などのみんなで分け合えるものをまとめて送るとよいです。内祝いを送るタイミングとしては、赤ちゃんが誕生してから1か月後ぐらいが目安となっており、お宮参りを行う時期に相手方に届くように手配するのがベストです。

産後は体力も回復しておらず、授乳で忙しくなるため産前に手配をしておくのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *