知っておいて損はないノベルティに関わる専門用語

意外と専門用語も使われるのがノベルティですが、何となく言葉の意味を知っているというケースがほとんどです。注文をするにあたり難しい専門用語をすべて知る必要はないものの、よく使われる言葉は知っておいても損はありません。例えば1色印刷とあった場合、使うインクは1色のみでの印刷です。CMYKのインクを商品に吹き付けてカラー印刷をするのはインクジェット印刷であり、希望によりグラデーションに印刷したり、フルカラーにもできます。

名入れをしたいけれどもノベルティ商品によっては、名入れを印刷できないとこがありますが、そんなときにはシール貼りです。希望のグッズにシールにロゴや会社名を印字して貼り付けることができるので、こうした柔軟な対応もあります。比較的ステッカーもノベルティに使われることは多く、2つの材質から作られるのが一般的です。1つはポリエステルや塩ビなどのフィルム系、もうひとつはアート紙や上質紙などの紙系があります。

どちらを選ぶかは自由ですが特徴があり、耐水性があるのはフィルム系、コストを抑えたいなら紙系です。校正という言葉も使われますが、印字や名入れをする前に、データなどの確認を行い、正しく修正をする作業になります。指定された色彩であるかどうか、内容や文字に誤りはないかなどの確認です。美観をよくしたり色持ちを長持ちさせたいときには、ラミネート加工をすることもできます。

ステッカー印刷や高級感を出したい印刷物などのノベルティグッズ政策などには、ラミネート加工は最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *