ノベルティグッズは広告媒体と同じ効果がある

ノベルティは会社のロゴなどを印刷することで露出度を高め、人の目に触れさせることで宣伝効果を生みます。

広告と同様に考えればよいのですが、広告費は会社の商品を開発する以外のコストになりますから予算管理の上で大きな枠組みを確保しなければなりません。長い不況から脱出し始めている日本経済の中で、攻める経営をするためにも効率がよい広告が必要になります。ノベルティの一番のメリットは廉価であることです。廉価品に対してあまりよいイメージを持っていない人もいますが、それは昔の話であって今は低価格でも面白くて楽しいグッズがたくさん開発されています。

以前はボールペンやマグカップなどのグッズが多かったものの、現在は季節用品や除菌グッズ、リラックスできる癒し系グッズ、環境に優しいエコグッズも用意されています。これらのノベルティにロゴを印刷して配布をするのですが、CMや紙媒体の広告費を考えると格段にコストが抑えられます。もちろん、コストパフォーマンスを考えた場合になりますがCMをうったり紙媒体の広告を出すまでに膨大な費用がかかっていますから予算を用意できる会社は限られてしまうのです。インターネット上のバナー広告も安くなったとはいえ、やはり長期間の掲載にはコストがかかります。その点、ノベルティグッズなら受け取った人の手元で毎日会社のロゴを目にすることになります。それを周囲の人も見ることになり、口コミと同じように拡散されていくのです。廉価品でも、広告としての役割を果たしているということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *