ノベルティの存在価値は

ノベルティとは会社の商品名などが入った、無料で配布されるさまざまなグッズをいいます。

ノベルティとして配布される物の例としては、駅近くで配られているティッシュペーパーや銀行などでくれるタオルやメモ帳、それにボールペンやマグカップなどです。最近ではパソコンなどの媒体で利用できるUSBや、スマホスタンドも見られるようになりました。顧客の関心をつかむ為に、企業も工夫を凝らしたノベルティを配布するように心がけているのです。ノベルティを企業が作る目的としては、やはり商品の販売促進につなげる事でしょう。

無料で広く配布することで、それまでまったく繋がりのなかった人々に企業の商品やサービスについて知ってもらい、企業名やブランド名・または商品名を印象づけることができます。販売促進には企業名や商品名などの知名度が重要で、この無料の商品は比較的安価に費用が抑えられながらも、幅広い年齢層や地域などで宣伝できる効率的な販売促進ツールのひとつです。

効率的という意味では配布する商品選びも大切で、いくつかのポイントがあります。ひとつめは配り易いこと、なぜなら多くの人に渡ってこそ力を発揮するからです。よく見かけるティッシュなど軽くてかさ張らず、持ち帰るにもそれほど邪魔になりません。同様にティッシュやボールペンなど、実用性があることも忘れてはいけない条件です。何度も使うことで企業名などが記憶に残り、何かのときに思い出してもらえる可能性が高くなるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *