ノベルティを作るならとにかく使ってもらえるものを

自社の商品やサービスを消費者に知ってもらう方法にはいろいろなものがありますが、その一つにノベルティを配布するという方法があります。

使う人の目線がしっかり備わっているノベルティを作って配れば、お客様は自然とこれを手にとって使ってくれます。そうすることで自社や商品のイメージアップができ、結果的に売上をアップさせることに繋がるのです。ノベルティを作る際には、兎にも角にも「実際に使ってもらえるかどうか」という目線を忘れないことが肝心です。

ノベルティは使ってもらえなければ、引出しの奥に仕舞われてしまうか最悪ゴミ箱行きとなってしまい、自社や商品のイメージアップに繋がることは決してありません。使ってもらえるものを作るには、あなたの商品やサービスを使ってくれそうな人が、普段どのような生活をしているか、事細かに想像する必要があります。具体的な場面をイメージすることで、どんなものを作ったら自然と使ってもらえるのかがわかるようになるのです。

また、使ってくれる人の生活をイメージすることに加えて、広く世の中に目を向けることも大切です。世の中の流行に合うノベルティを作成すれば、喜んで手にとってくる人が自然と増えるからです。今世の中でなにが流行っているのか、なにがより求められているのかを注意深く観察しましょう。通勤途中の電車の中や普段何気なく通る街の中にも、いつもは気が付かないだけで、本当はたくさんのヒントが隠されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *